忍者ブログ
時事ニュースを佐倉目線で解説します。 できるだけ議論をしたい。 コメントに異論反論でも書き込んで。
プロフィール
HN:
桜 哲
性別:
男性
趣味:
独り言
自己紹介:
まじめ一直線の私がいたってまじめにお話をします。
妙な発言があっても笑わないでくださいね。
本人は本気ですから!

ポチッとお願いします。
ランキング参加中
↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/20 桜 哲]
[03/20 FX取れんな^^]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
PR
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



<長崎ストーカー>千葉県警習志野署 被害届受けず慰安旅行

長崎県西海市の山下美都子さん(当時56歳)、久江さん(同77歳)親子が昨年12月16日、山下さんの三女の元交際相手に刺殺された事件で、ストーカーの被害届を出そうとした家族に千葉県警習志野署が「1週間待ってほしい」と先送りを求めた2日後、同署の事件担当者らが2泊3日の慰安旅行に行っていたことが捜査関係者への取材で分かった。

あいた口がふさがりません。

 またもやってしまいました。警察庁長官も“危機意識が欠如”と述べています。ストーカーの被害の状況はいろいろで難しいところはあります。覗き見程度のものから今回のような残虐な殺人事件にまで発展するケースと幅が広い。この担当者は程度を見誤ったんだろうと思います。

 こういった警察官の危機意識をどうもつかは難しいです。特に比較的軽い事件。今回のような大きな事件に発展したから"バレた"のであって、普通の事件の場合は普通に行われている行為だろうと言うことは容易に想像が付く。

 こういった大きな事件はマスコミ等により顕在化されやすいので、警察もやらざるを得ない。でも軽い犯罪の場合担当によるもみ消しや捜査もせずお蔵入りになることがあったとしても、顕在化しにくい。そういったときに警察官はどのようにモチベーションの保てばよいのか。

顕在化しない事件は、「仕事をしてもしなくても、警察官の給料は変わらない。」訳ですからできればやりたくないと思うのが人間の心理でしょう。そういった仕事のモチベーションを保つには、個人の正義感に頼るしかないのです。

 私も過去に振り込み詐欺(振り込め詐欺ではありません。)の巻き添えになったことがあります。私の電話番号と会社の電話番号が相手に漏れひっきりなしに電話がかかってくるのです。「殺すぞ」まで言われ手いるんですが、警察に相談しても「こっちに来ることはないから電話番号を変えるか無視してください」で終わりでした。

 これは警察官だけでなく公務員全体にいえることではないでしょうか?普通の公務員の場合、即座に命に関わることは少ないでしょうが。個人の正義感や良心に頼って、この国は成り立っているのだなと思います。公務員の皆さんってすごい!?
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
フリーエリア
PR

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]